校長室通信

.
2018/10/31

校長室通信 晩秋号

| by 校長

〔校長室通信〕
 朝夕の冷え込みが、深まる秋を感じさせる今日この頃となりました。地域、保護者の皆さまにおかれましては、いかがお過ごしでしょうか。今週末には、第10回を迎える千種町園小中高合同ふれあい文化祭を開催します。これまで毎年、観劇される保護者や地域の皆さまによりご満足いただけるよう思考を凝らし、いろいろと工夫を重ねてきました。それぞれの成長の違う世代毎の子どもたちの一所懸命な活動や交流の様子をどうぞお楽しみください。
 さて、10月の終わりを迎え、1年で一番長い2学期もようやく折り返しを迎えました。長い2学期は、スポーツや芸術に触れる機会も多く、また、秋祭りをはじめ地域のいろいろな催し物もたくさんあります。今年から、中学生も地域の一員としていろいろな地域行事にも参加できるよう「ノー部活動デー」の実施日を調整しながら進めています。
 右の写真は、10月28日(日)センターちくさで行われた「第41回ふるさとづくり芸能大会」に出演した吹奏楽部と有志の演奏風景です。夏休みから運動部を引退した男女5名の3年生が加わり、一緒に演奏に参加しました。県吹奏楽コンクール西播磨地区大会、しそうバンドフェスタ、ちくさふれあいフェスタ、合同文化祭での演奏と、少人数だからこそ支え合いながら、経験できることもあります。
 成長の著しい中学生期を自分の将来の夢に向かって、集中力を高め毎日コツコツ勉強することはもちろん大切なことです。しかし、それらと合わせて、どんどん成長する心と身体を鍛えるため、学校や地域で行われるいろいろな行事や活動に積極的に参加すること、最後まで精一杯やりきることも、人として成長していくために必要な力だと信じています。今後とも本校教育の推進に温かなご支援と忌憚のないご意見をお願い申し上げます

13:35
 フォルダ
名前
作成日
 
PAGE TOP