校長室通信

.
12345
2020/08/07

【校長室通信】当たり前のことが当たり前にできる事への感謝

| by 校長






 
         当たり前のことが 当たり前にできる事への感謝



 8月7日(金)、1学期の終業式を行いました。
 式の中で、各学年代表と生徒会長が1学期の反省を行い、どの学年もしっかり言えていました。

 


 振り返ると、3月から5月末までの休校期間中は、この先どうなってしまうんだろうという、不安要素ばかりで、とても心配していましたが、今こうやって1学期の終業式が迎えられたことを、大変喜びたいと思います。


 私自身、初めて千種中学校へ来たとき、根性坂で立ち止まって、お辞儀をしてくれたことに驚き、よき伝統が受け継がれているなと感心したことが、つい先日のように思います。
 そして、生徒や教職員から、たくさんパワーをもらって、楽しく1学期を過ごすことができました。

 

 ただ忘れてはいけないことがあります。
 それは、当たり前のことが、当たり前にできる事への感謝です。


 当たり前に、学校へ行って、勉強や部活動ができる。
 当たり前に、友達と会って、会話できる。
 当たり前に、消毒などない生活ができる。
 当たり前に、マスクなどしないで生活ができる。
 など…。


 当たり前に行ってきたことが、どれほど大切で、ありがたいことだったかを、この3カ月で、身をもって感じたことと思います。

 そして、6月から学校が再開しました。


 毎日みんなを学校へ送りだしてくださる、お家の人たち、
 「ああ、中学生が学校へ行きよるなー、帰りよるなー」と見守ってくださる、近所のおっちゃん、おばちゃん、
 登下校でお世話になっている、スクールバスの運転手さん、
 みんなのために、いろいろな学習の準備を毎日してくださる先生方、
 給食や学校のお世話をしてくださる用務員さん、
 そして、学校生活を楽しくしてくれている、大切な友達。
 
 その人達への、感謝の気持ちも忘れてはいけません。

 この当たり前の生活ができること、そして、当たり前のように、自分の周りにいる人たちに、「ありがとう」と、素直に言える人になってほしいと思います。

 この「ありがとう」という言葉は、心をとてもきれいにする言葉です。
「ありがとう」が、言えるってとても素敵なことなので、素直に言える心をもってほしいなぁ。と、思っています。

            


 いよいよ、明日(8.8)から夏休みです。例年だと、約40日間の休みですが、今年は9日間しかありません。とても短いですが、怪我や事故のないように、元気に過ごしてほしいと思っています。


 追伸
 例年だと終業式の日に通信簿を渡しますが、今回は8月28日に渡すこととしています。


 
                              令和2年8月7日
                              校長 福 本  朗


09:18
12345
 フォルダ
名前
作成日
 
PAGE TOP