野球部

 

 男子バレーボール部

 女子バレーボール部

 男子卓球部

 女子卓球部

   吹奏楽部

 駅伝部(臨時)

 スキー部(臨時)

 相撲部(臨時)

 

 

 
部活紹介     [全件一覧]

制作担当2020/05/08 14:25:27


【コンクールに向けて】令和2年5月7日

これまで少ないメンバーで活動してきたので、私たちだけで演奏できるイベントは限られていました。その限られた中でベストを尽くすために、私たちは「音の表現」「体での表現」を主に意識して演奏してきました。「音の表現」は、強弱をはっきりとすることはもちろん、音色や音の余韻などの細かい部分にも気をつけて演奏します。「体での表現」は、ただ演奏しているだけでは、聴いてくださる方も私たちも音楽を楽しむことができません。楽しめる音楽を奏でるためにも、自然と体が動くような演奏をしたいと思います。一年生が入部してきたら、たくさんある音楽の魅力を全力で伝えて、音楽を楽しんで聴いていただけるようにしたいです。そして、夏には吹奏楽部が一番熱くなる吹奏楽コンクールがあります。しかし、コロナウイルスの影響で今年のコンクールが行われるかわかりませんが、全力で練習に取り組み、全力で音楽を楽しみたいと思います。私たちは、聴いてくださる方の心に響き、楽しみ感動していただける演奏を目指して、これからも活動していきたいと思います。
制作担当2020/05/08 14:24:26


【総体に向けて】令和2年5月7日

僕たち男子卓球部は、分からないことや難しいことがあったら自分たちでアドバイスなどをしあいながら課題を克服したりして、大会に向けて練習を頑張っています。大会になると緊張してなかなか自分が思っている最高のプレーができなくなり、リードしていても点を連続でとられてしまうことがあります。そんな時は応援の声を大きくしたり、チームのみんなで励ましあってチームで勝ちたいし、個人戦でも自分に自信を持って試合に挑みたいです。総体まで短い時間しかないので、一分一秒を大切にして練習を頑張りたいし、応援してくださっている保護者の方や先生方、地域の方に感謝の気持ちを忘れずに大会に臨み、最後まであきらめず全力でプレーをしたいです。
制作担当2020/05/08 14:23:37


【総体に向けて】令和2年5月7日

私たち女子卓球部は、三年生四人、二年生五人の計九人という他校と比べてとても少ない人数で活動してきました。昨年度行われた宍粟市北部大会では、初めて団体戦で準優勝することができました。チーム内での応援の声がたくさんあり、全員で最後まで戦うことができました。その良いイメージで市春季大会、総体と出場したかったのですが、新型コロナウイルスの影響で春には思うように練習ができていません。だから限られた時間の中でもより効率よく、自分たちの課題を克服できるように練習に取り組んでいきたいです。新人戦では、あと一歩のところでつかめなかった県大会の出場権。その一歩がとても大きなものだったということにも気付くことができました。だから、これからは総体に向けた練習という意識を持って練習していきたいと思います。そして、「最後まであきらめないねばり強い卓球」をしていきます。
制作担当2020/05/08 14:19:50


【総体に向けて】令和2年5月7日

僕たち野球部は、部員は二年生の五名だけですが、現在は波賀中学校と合同チームとしてやっています。目標は、西播大会に出場し優勝することです。そのためには、まず声を出したりミスをなくしたりして、チームの雰囲気を良くしていくことが大事です。二年生の五名は、昨年の総体に出場して経験しているので、総体の雰囲気や緊張はわかっています。だから大会に挑みやすいと思います。総体に向けて、臨時休業中も体を動かし、自主練習をしっかりして力を発揮できるように頑張ります。
制作担当2020/05/08 14:22:49


【総体に向けて】令和2年5月7日

僕たち男子バレー部は「個々の成長」を掲げて励んだ部活動で二人とも心身共に大きく成長できました。だからこそ、残り少ない部活動でも何事にもチャレンジして、気持ちのいい締めくくりができればと思います。部員は二人でとても少なく、千種中だけでバレーの試合ができないにしても僕たちは一年生の時から悲しかった時、苦しかった時、楽しかった時など様々な場面を共にしてきました。まさに「戦友」です。だから最後までともに全力を尽くしていきたいです。
制作担当2020/05/08 14:21:29


【総体に向けて】令和2年5月7日

私たち女子バレー部は、二、三年生八人という少ない人数で協力し合い、日々の練習を頑張ってきました。昨年度の宍粟市北部大会では準優勝という悔しい結果となりましたが、一人ひとりが練習してきたことを十分に発揮することができた大会でもありました。また、自分たちで流れをつくれないなどのたくさんの課題を見つけることができました。総体では、その反省を生かして最後まで自分たちで流れをつくり、他の人に任せず、自分から声を出していけるようにしたいです。悔いが残らないように一生懸命頑張るので応援よろしくお願いします。

PAGE TOP