590283
Since 2015.4.1
 
オンラインユーザー11人
 
サイト内  サイト内検索画面へ移動します 検索

波賀小学校 携帯サイト
携帯電話
フィーチャー・フォン
スマート・フォン対応

緊急情報を
お知らせいたします。




キッズヤフー

Adobe Reader
PDFファイルを
閲覧するためには
AcrobatReaderが
必要です。


 

校長室通信

. >> 記事詳細

2022/11/16

表現力を鍛える

| by 校長

11月27日(日)に分散型学習発表会を予定しています。子どもたちが、観に来てくださった方々に合唱や合奏、劇や発表など各学年ごとに趣向を凝らした内容で、これまで学習してきたことを表現のしかたなど工夫しながらしっかりと伝えられることができればと思います。

さて、「表現力とは何か」と問われれば何と答えればいいでしょうか。辞書には次のように示されています。

「感情や思考などを伝達可能な形式に表す能力。特に、より効果的・印象的なものとしてそれを伝える能力」つまり、自分の「思い」や「考え」を伝えたい相手に分かりやすく伝えることが「表現力」と定義されています。

以前、ある先輩教師に、「伝えるべき相手・状況に対して適切な表現をするためには、『表現力』をどのように鍛えていけばよいのか」を尋ねたところ、次の4つのことを教えていただきました。

 

1 多くの語彙を身につける 最も効率的なのは「読書」

2 自分の意見を多くもつ 読んだり聞いたりしたことに対して、自分の意見をまとめる。

3 思ったことをしっかり口にする 家族・友だちだけでなく、より多くの人と話す機会を作る。

4 文章を書く 日記や作文を書くことによって、考えや思いを様々な表現で綴る。

 

 どうやら「表現力」を身につけるための王道はなく、とにかく表現するための様々な経験をたくさん積み上げることが大切なようです。さらに個人的に思うのは、「伝えたい」という思いをしっかりと持つことと、伝えられる側の立場や状況を読み取ったり想像したりしながら自分で工夫することが大切なように思います。今後も、学校において日々の教育実践の中で機会をとらえ、「表現力」を向上させるための取り組みをすすめていきます。そして、これからの時代を生きていくために必要な力と言える「未知の状況にも対応できる思考力・判断力・表現力」(学力の重要な三要素の一つ)の育成に努めていきます。 
 取り組み半ばですが、今度の学習発表会でその成果を少しでも見ていただけることを願っています。

              令和4年11月     校 長   髙井 和也


11:17
PAGE TOP