校長室通信

. >> 記事詳細

2017/12/28

【校長室通信】年の瀬に思う

| by 校長
                             年末に思う

 昨日は、寒波の影響で本校付近も積雪があり校庭も雪化粧しました。今日は28日(木)、仕事納めの日です。いよいよ今年も後3日となりました。本校は、22日(金)に2学期の終業式をし、今は冬季休業に入っています。今年は土曜日、日曜日が続く影響で17日間の休みとなっています。部活動や冬季の補充学習に訪れる生徒がいるのですが、隣の小学校から児童の声がしないせいか、静かな年の瀬です。昨日、先生方と新生徒会役員が協力して学校に飾る門松を作ってくれました。中々見事なできばえに感心しているところです。
 さて、過日の終業式の式辞の中で私は生徒に冬休みに際して2つのことを話しました。1つめは、やはり健康第一・安全第一ということです。17日間と夏休みよりは短い冬休みですが、いろいろ行事ごともあり心が緩む時期です。1月9日(火)には全員が元気な顔で揃いましょうと呼びかけました。2つめは、目標を持とうということです。冬休み中には、新年を迎えます。『1年の計は元旦にあり』の故事を紹介して、「ぜひ新しい年の目標をたてましょう。そしてその目標ができれば自分の「志」(生きる目標)となるようなものであるととても素晴らしいです。」と話しました。そして孔子の『吾十有五にして学に志す』の言葉を紹介しました。今の時代中々「志」という言葉は聞き慣れない言葉で生徒たちも意味がよくわからなかったかもしれませんが、私は今の北中生にぜひ自分ならではの「志」(生きる目標=自分はどう生きるか)をもってほしいと願い話してみました。生徒たちがどう受け止めてくれたかはわかりませんが、これからの生徒たちの成長を楽しみにしたいと思います。
 いよいよ新年を迎えます。来年が皆様にとっても輝かしい年となるよう願ってやみません。
 また来年も一宮北中学校をどうぞよろしくお願いします。

                          平成29年12月28日
                              学校長 山 本 修 示

11:05
 フォルダ
名前
作成日
 
PAGE TOP