トップページ > 学校案内 

 
  校区の概要と生徒の実態


 本校は、西播磨の北西部、宍粟市の北東部にあり、山と田畑に囲まれ自然に恵まれた環境の中にある。
校区は
古来、因幡街道と但馬街道が合流する交通の要所として栄え、農業や林業もさかんであった。
日本の近代化、高
度経済成長時代の中で、生活様式や産業構造も変化した。近年、若年層の都市部への流出と過疎化が進み、高齢化傾向が顕著である。しかし、大きく変化する時代にあっても、地域では人と人のふれあいやお互いに助け合う気持ちを大切にする豊かな心が受け継がれている。また、地域の子どもは地域で育てるという意識が高く、子どもの教育や未来、学校に対する関心や期待も大きく、協力的である。このような環境の中で育った生徒たちは、素朴かつ純真で、部活動や生徒会活動に積極的に取り組んでいる。中でも生徒会は、本年度のスローガンを「一結愛南 ~愛をつなげる一南家族~」とし、今日も学校に来てよかったと、愛情と笑顔溢れる潤いのある学校にしていこうと、気持ちを一つにしてがんばっている。


 学校経営の概要

(1)経営方針

 生徒の自己有用感、自己存在感を大切にする中で、「もっと知りたい、もっと 勉強したい」という学習意欲や知的好奇心を満たすべく、楽しく分かりやすい授業の創造をめざす。また、一人一人の個性や創造性を伸ばす特別活動・総合的な学習の時間・部活動等を通して、より豊かな感性を磨くとともに、子どもたちの「生きる力」を育む。そして、「伝統の継承」と「新しい教育の創造」を主眼においた、社会の変化に対応できる新たな学校づくりに取り組む。


(2)教育目標
  <次代の社会を担う教育の創造>

 足はふるさとに根を下ろし、心は我が国の進むべき方向を定め、目は
大きく世界を見つめて、明日のわが道、わが町を切り拓き、いかなる時代や社会の変化にも主体的に対応できる創造性、国際性に富んだふるさと「一宮」・ふるさと「宍粟」を愛する生徒の育成

(3)重点目標

  豊かな感性とたくましく生きる力を持った生徒の育成
   ~ 認め合い 高め合い 輝き合ういのちを育む ~

(4)本年度スローガン
  愛から始まる一南教育 ~一結愛南~(いちゆあいなん ) 


(5)本年度努力目標

   命と人権を大切にし、共に生きる心と豊かな感性を育てる
   ・社会の基本的なルールや倫理観を学校生活のあらゆる場で身につける
   ・校種間の連携を図った、人権教育を総合的に推進する
   ・同和問題をはじめとする様々な人権問題を解決しようとする意欲と態度を育てる
   ・教師自身の人権感覚を磨く


   社会の変化に柔軟に対応する力、たくましく生き抜く力を培う

   ・「総合的な学習の時間」の充実を図り、生徒自らが追求する学習を行う
   ・行事や部活動を通して、生徒が主体的に、かつ積極的に生きる姿勢を養う
   ・教師自身が社会の変化に対応した教育観を養い、意識変革に努める

   基礎・基本の定着を図り、一人一人の個性を生かす教育を進める

   ・新学習システムを有効に活用し、学ぶことの大切さや達成感を味わうことができる授業
        づくりに取り組む

   ・生徒自らが考え、判断し、行動する場を大切にした日々の実践を重視する
   ・「一南タイム」の推進により、基礎学力の定着を図る
   ・少人数授業、TTなどを積極的に行い、個に応じた教育を推進する
   ・「家庭学習の手引き」を改正し、家庭と連携した学習習慣の定着をめざす

   特別支援教育の充実を図り、楽しく充実した学校づくりを推進する
   ・特別支援教育コーディネーターを中心に、校内の支援体制の充実を図る
    ・生徒が安心して活動できる居場所づくりを行う
      ・認め合い、高め合い、切磋琢磨し合える学級づくりをめざす
      ・個別の教育支援計画を作成し、計画的、組織的、継続的な推進を図る


   体験的学習の場と機会を設け、創造性とチャレンジ精神を育む

   ・生徒が主体的に活躍できる場や機会を増やし、成就感や達成感を味わわせる
      ・キャリア教育の推進のため、キャリアノートの活用を図り、適切な職業観の
        育成や進路選択能力の向上を図る。
      ・地域の人々や各方面のスペシャリストを講師に招いた地域学習、体験学習、
        専門学習等を推進する
      ・学校、家庭、地域が一体となった、地域総がかりによる生徒の健全育成をめ
        ざす

   家庭、地域、関係機関と緊密に連携し、信頼関係に基づいた教育を推進する

   ・「トライやる・ウィーク」等の活動の充実により、地域の教育力開発を図る
   ・保護者、家庭、地域への積極的な情報発信と地域住民の声に謙虚に耳を傾け、双方向の
        関係づくりを一層進める

   ・学校評価(外部評価)を分析し、学校組織マネジメントの強化を図る
   ・学校、家庭、地域が一体となって連携を強化し、地域総がかりによる生徒の健全育成を
        めざす

   ・小中一貫教育のさらなる充実を図る

   研修と研鑽に励み、教師力の向上を図る

   ・日々の授業を大切にし、指導力の向上に努める
   ・人の意見に素直に耳を傾ける謙虚な姿勢を持つ
   ・教職に携わる者としての使命感や倫理観を持って、日々の実践に努める   

  安全・安心の学校づくりを進める

   ・職員一人一人の危機管理意識を高め、実践的対応力の向上を図る
   ・外部講師を招いた安全教室を行ったり、様々な訓練を行ったりして、生徒の危機に対応
        する意識やスキル    

    の向上を図る
   ・学校、家庭、地域、関係機関の連携のもと、危機管理体制を充実させ、生徒の安全を確保
        する
 


        生徒数  

                                                    平成29年4月7日現在

11

1年2組

2年1組

3年1組

3年2組

 

全校生

男子

131226121376

女子

111213121260

2424392425136




    
 
PAGE TOP