校長室通信

  -
12345
2020/08/27

【校長室通信】2学期スタート

| by 校長

2学期スタート

 

 8月も終わりに近づきました。本来でしたら夏休みの終盤で9月からの2学期に向けて準備を進めている頃ですが、今年は新型コロナウィルス感染拡大により夏休みが9日間で終了し、すでに2学期がスタートしています。まだまだ残暑が厳しく、生徒も教師も感染症対策・熱中症対策に苦労しながらですが、何とか元気に学校生活を送っています。過日8月22日(土)には、柔道部にとって夏季総体の代替大会である西播地区中学校柔道部錬成大会が赤穂市民総合体育館で開催され、本校からも2・3年生部員5名が出場しました。6月からの学校再開後も柔道部は、中々思うような練習ができず、市夏季総体も開催できず心配されましたが、全員が気持ちをしっかり前に出して試合に挑みました。結果は、団体戦で3位、個人戦-60kg級で2位、-55kg級で3位に入賞するなど大変頑張りました。3年生はこの柔道部の大会で全ての試合が終了し、全員が中学校生活での部活動を引退しました。現在は、その部を引き継いだ1・2年生が新チームづくりに一生懸命励んでいます。いろいろな苦難の中でも一生懸命最後まで取り組んだ3年生の思いを引き継いで、一南らしいチーム作りを期待したいと思います。

 さて、そのような新しいスタートを切る2学期ですが、今年は中々例年通りには行かないようです。本来でしたら9月に体育祭、そして11月には文化祭と大きな行事が続き、生徒にとっては、クラスがまとまったり、生徒自身も大きく成長できるやりがいのある学期となります。また、学校にとってもそのような生徒の姿を保護者の皆様や地域の皆様にご披露できる貴重な学期です。しかしながら今年は、それが感染症対策のため中々困難な状態です。体育祭については、短縮した午前中のみの開催で観客も制限しなければなりません。また、文化祭も会場の密を避けるため生徒席の削減や観客の制限、換気の機会を設けるためプログラムの簡素化等をする必要があります。いろいろ知恵を絞っているところですが、状況によっては中止もありうるかと思います。その他1学期実施予定であった3年生の修学旅行や2年生のトライやるウィークも2学期に実施する予定ですが、こちらも状況によっては中止もしくは縮小することになります。このように本来であれば充実するはずの2学期がどのようになるのか先の見えない状態です。しかし、「どのような状況の中でも、学校生活や行事などで自分たちの力を最大限に発揮するため、一人一人の『心』を大切にするとともに全校生徒の『心』を一つにしていこう。また、『一南家族』の伝統を引き継ぎ、『いつも隣の人のことが考えられる』優しい『心』を持ち続けていこう。」という思いのこもった生徒会スローガン「心を極めろ~意識高く 誇り高く~」のもと、生徒たちにはこの困難な状況を乗り切ってくれるものと信じています。我々教職員もそんな生徒たちとともに力を合わせて乗り切っていきたいと決意を新たにしています。

 皆様には、どうか2学期も変わらぬご支援とご協力をよろしくお願いします。

 

                              令和2年8月27日

                                学校長 山 本 修 示 


13:28
12345
PAGE TOP