校長室通信

  -
12345
2019/06/27

【校長室通信】夏季総体に向かって

| by 校長

夏季総体に向けて

 

 6月も終盤となりました。今年は梅雨入りが大変遅くなり昨日梅雨入りしました。今日は大変蒸し暑い日となっています。そのような中でも本校の生徒たちは、今週末に近づいた夏季総体に向けて、朝早くから気持ちを入れた練習に励んでいます。この大会は、運動部に所属する3年生にとって中学校での部活動の集大成となる大会ですから、その意気込みはひとしおと思います。本日はその壮行会があり、どの部もキャプテンがその思いを発表してくれることと思います。本校は、今の時期保護者向けの部活動参観を行っており、この壮行会の時は多くの保護者の方々も見学に来られます。その中で生徒たちはこの大会に向けた決意を行進やかけ声そして校歌に込めて披露します。私自身もこの壮行会ではそんな生徒たちの一途な姿に感動したことを思い出します。そんな生徒たちに今年は校長として言葉をかけなければいけません。何を生徒たちに伝えようかと数日前からいろいろ悩んでいるのですが、やはりいつものよう3つのことを話そうと思います。1つめは「チーム全員で戦うこと」。選手としてゲームに出ている人はもちろん、控え選手や応援に回っている1年生まで、みんながチームの勝利に向かって自分のできることを最大限にしていこうと話します。2つめは「最後まで油断せず(あきらめず)戦うこと」。試合は最後まで何があるかわかりません。大差で勝っているからと言って、(負けているからと言って)油断したりあきらめると「まさか」という結果が起こることがあります。試合はゲームセットの瞬間までチームの勝利を信じて戦おうと話します。3つめは「相手をリスペクトして(敬意を持って)戦うこと」。試合はやはり相手が居なくてはできません。相手と競い合い、お互い力を出し切るからこそ自分たちの力をさらに伸ばすことができます。その相手に対し、常に敬意を持って試合してほしいと思っています。それこそが、「いつもとなりの人のことを考える」一宮南中学校の伝統であると話します。今回もこの3つのことを生徒たちに話したいと思っています。

 本校の生徒たちは、素直で頑張り屋の生徒ばかりです。29日にはどの会場でも一南らしい試合をしてくれるものと信じています。

 皆様方の力強い応援をどうぞよろしくお願いします。

 

                                       令和元年6月27日

                                   学校長 山 本 修 示

 

追伸:天気の方が心配です。29日、30日ともに雨の予報です。

   体育館や武道場で試合が行われる部は予定通り行われますが、野球やソフトなど外で行われる部は天候次第で日が延びたり時間が変更になったり、またコンディションも変わることでしょう。そういったアクシデントにも平常心を失わずベストをつくして頑張ってほしいと願っています。


09:36
12345
PAGE TOP