第1学年

 活動記録
12345
2024/02/22new

【第1学年】道徳の授業(2/21)

| by 学校サイト管理者
2月21日(水)の4校時「道徳」の授業のようすです。

この時間は、『結果と向き合ってみる』ことについて考えていきました。

積極的に発表ができていました。
生徒の感想は以下のとおりです。
「なにもやっていないのに、勝手にあきらめたりせず努力しようと思いました」
「悔しい結果になっても負けをばねにして次につなげたいです」
感想のように、これから先何かに挑戦して悔しい思いをしても、頑張った自分を認めて次こそは!という気持ちで頑張ってほしいなと思います。

最後に配った、「受身」という詩もまた読んでみてください。

  
 
 
18:07
2024/02/09

【第1学年】ふるさと講座(2/9)

| by 学校サイト管理者
2月9日(金)の3校時に1年生対象「ふるさと講座」の講師として、
本校卒業生の山本様(東河内森林組合長理事)をお招きしました。
二度の本校の改築にまつわるお話に始まり、私たちが住むこの地域の林業
(過去・現在・未来)などについて詳しく知ることができました。

親しみやすい静かな語り口のお話でしたが、卒業生としてこの学校を誇りに
思われ、このまち、そして地域を支える林業に対して熱いハートを持って
おられることがよくわかりました。

「宍粟は森の国」「林業という仕事」「低花粉の杉の植林」「森林組合活動で
全国初の表彰」「宍粟バイオマスと赤穂の塩」「森林組合の事業と未来」
などなど、内容も多岐にわたり興味深いもので、あっという間の1時間でした。

生徒の皆さんも、資料やスライドをしっかりみて、山本さんの話にしっかり
耳を傾けていました。10年後くらいには、今回のお話を聞いた皆さんの中から
「ふるさとの森を私が守る!」と林業を志す方が現れてるかもしれませんね(^▽^)/

 山本先輩、今日はどうもありがとうございました!








17:28
2024/02/08

【第1学年】道徳の授業(2/8)

| by 学校サイト管理者
2月8日(木)5校時の1年生の『道徳』の様子です。
 
 
 
今日は、他者を思いやった行動や、声のかけ方について考えていきました。

登場人物の行動や文章の仕かけに驚いたりもしましたが、
1人1人が、それぞれの視点でさまざまなところに着目して、
自分の意見をワークシートに書いたり、発表したりすることができました。

『自分も困っている人がいたら、この話の登場人物のように助けたい』
『いいことをするとき、それがまわりの人に迷惑がかからないようにしたい』
『まわりの人のことも考えて行動したい』
など、感想にたくさん書かれていて、読んでいると心が温かくなりました。

今日、気づいたことや感じたことを生かして生活していけるといいですね!
18:40
2024/01/31

【第1学年】手話教室を体験して(1/31)

| by 学校サイト管理者
昨日(1月30日)の手話教室の、生徒たちの感想です。

・耳の聞こえない人でも2つの障がいがあることを知ることができました。
 体験談から、聞こえない人への物のわたし方や、注意することを知って、またぼくもこんなことがあったら、今日のことを思い出してやりたいです。後半にした手話で自分のやり方がわかりました。手話のテキストをもらったのでよく覚えておきたいです。

・今日の手話教室で、最初はあまり手話がわからなかったけど、わかりやすく教えてもらったおかげで、「ありがとう」などの日常的に使う言葉や自分の名前も知ることができてよかったです。あと耳が聞こえない人へどのようにわたせばいいのかわからなかったけど、ちゃんと知れてよかったです。ありがとうございました。

・耳の障がいは2つあることにおどろきました。手話はむずかしいイメージがあったけど、やってみると簡単で、楽しかったです。講師の方々もていねいに教えてくださったのでわかりやすかったです。耳が不自由な人と出会ったら、今日学んだことをいかしてコミュニケーションをとるときは、工夫していきたいです。

・今日は、手話がどういうものなのかということを知りました。ほかには、手話は、耳が聞こえない人たちにとって、どれだけ大切なのかということを知ることができました。いつ、どこで必要なときが来るのかわからないので今日教えてもらった手話はずっと覚えておこうと思います。手話について、家族や友達、まわりの人に言って、宍粟市の中で、手話について興味をもつ人がたくさん増えたらいいなと思いました。

・今日はありがとうございました。説明もわかりやすく、たくさん手話のこと
を学ぶことができました。今日学んだことは、必ず今後耳の聞こえにくい人に出会ったときに使えるように勉強しておきます。今日学んだ「おはよう」や「こんにちは」「こんばんは」を弟や妹にも教えます。また機会があったら、手話教室にも参加してみたいです。

・手話教室を体験して、とてもいろんなことを知ることができました。1度だけ手話教室があって名前なども教えてもらったことがありましたが、忘れてしまったところも多かったです。とてもわかりやすく教えていただいて、また家に帰っても勉強してみようと思いました。世界共通の、「I love you」の手話も素敵だなと思いました。手話にもいろんな意味がこめられていて、もっと知っていきたいです。

1人1人にとって、とてもいい学習の機会となったようでよかったです。ありがとうございました!
09:31
2024/01/30

【第1学年】手話教室(1/30)

| by 学校サイト管理者
1月30日(火)の5~6校時に、健康福祉部障害福祉課より
講師の先生をお招きし1年生対象に『手話教室』を実施しました。

「耳が聞こえない」のはどんなことか、そのような人とコミュニケーションを取るにはどうしたらよいかなどについて、話を聞いたり考えたりし、あいさつや自分の名前、自己紹介を教えてもらい、手話で示す体験をしました。

見るだけではわからないことや、コミュニケーションはいろいろな
方法があり、工夫して伝えることが大切だということを学びました。

みんなの感想には「わかりやすくて楽しかった」
「耳が聞こえない人に出会っても会話ができるようにもっと練習しようと思った」等々、今回の学習したことについてとても前向きな気持ちが綴られてありました。
ぜひ、また今日学んだことをまわりの人に伝えたり、覚えた手話を使ってみましょう。

     
11:15
12345
PAGE TOP