校長室通信

  - >> 記事詳細

2020/10/30

【校長室通信】深秋の11月(霜月)へ

| by 校長

深秋の11月(霜月)へ

 

 10月もあと2日となりました。今年度は、新型コロナウィルス感染拡大のため様々な行事が中止となっていましたが、今月は2日(金)に3年生が助産師さんをお迎えし「命の授業」を行い、6日(火)には日帰りでしたが、修学旅行に出かけることができました。3年生にとっては、2泊3日の東京での修学旅行を夢見ていただけに、物足りない感もあったでしょうが、当日の素晴らしい晴天の中で、生徒たちも有意義な時間を笑顔で過ごすことができました。1・2年生も17日(土)・18日(日)には西播新人大会があり、今まで頑張ってきた成果を発揮してくれました。また、20日(火)には、宍粟市中学校駅伝競走大会があり、本校からも3年生を中心に男女各1チームが出場しました。短い練習期間でしたが、皆が集中して練習し、全員が力一杯走ることができました。そして19日(月)には、宍粟市中学校英語スピーチコンテスト、24日(土)には、赤とんぼ英語スピーチコンテストが開催され、3年生から3人が参加し、日頃の英語力と練習の成果を発揮してくれました。このように記していると、普段とあまり変わらない日常があるようですが、やはりそれらの行事1つ1つに感染症対策をしっかりして望むなど、やはり例年と違う気遣いをして、気を緩められない緊張感があります。今後も感染症対策には十分注意していきたいと思います。

 そのような中ですが、いよいよ11月(霜月)に入ります。11月も数多くの行事を予定しています。まず8日(日)には文化祭を開催します。感染症対策のため、例年より内容を縮小し、観客も制限した上での開催ですが、生徒たちも合唱コンクールに向けて練習に熱が入ってきています。また、16日(月)から2年生がトライやる・ウィークに入ります。5日間、学校以外の各事業所で活動します。お世話になる事業所の方々には、このような状況下でも受け入れてくださり本当に感謝しています。素晴らしい体験ができるよう期待したいと思います。そして17日(火)は1年生が、24日(火)は2年生が「ふるさと学習」を行います。この「ふるさと学習」は、地域の方に講師としてご来校いただき、地域の様子や地域での活動を生徒たちに話していただく行事(授業)です。昨年度より始めていますが、地域のことや地域で頑張っておられる方のことを知ることで、自分たちのこれからの進路や行き方につなげて欲しいと願ってスタートしました。今年度も1年生は地域の林業について、2年生は地域活性化活動について学びます。良い学びの時となることを願っています。さらに27日(金)には、午前中PTA授業参観、午後から教育講演会を実施します。例年通り講師の先生から「スマートフォン等SNSの使い方」について話を聞きますが、今年度は保護者の皆様には申し訳ありませんが、生徒のみが聞くことになります。このように例年通りとはいきませんが、できるだけ感染症対策をして行えることは行っていきたいと考えています。安全を考えて中止することも致し方ないことと考えますが、中止してしまうことで失うものの大きいのは事実です。知恵を絞り、安全に最大限配慮して行えることは行っていくことで、必ず次につながるものがあると思っています。

いろいろご意見もあると思いますが、今後ともどうぞご理解とご協力をよろしくお願いします。

                                  令和2年10月30日
                                   学校長 山 本 修 示



09:02
PAGE TOP