校長室通信

.
12345
2021/10/05

【校長室通信】1年の折り返し

| by 校長

  10月に入りました。
 子どもたちに全校朝会の時「10月は1年の折り返しの月です。1年生は1.5年生に 2年生は2.5年生に・・・6年生は6.5年生になったと考えてください。そして、4月の自分と比べてがんばったことともう少しがんばることを振り返り、1年間の後半のがんばりにつなげてください。」という話をしました。
 1年生が入学してきてくれたのがついこの間のことのように思えますが、あれから半年が過ぎました。先日も運動場で1年生が体育の授業をしていましたが、おしゃべりなく自分たちで整列する姿、一生懸命に50m走る姿、どの場面を見ても、4月当初の1年生と比べると「大きく成長したな。」と思えました。
 わたしたち教職員も「どの子も伸びる」ことを信じて、残り半年を子どもと共に進んでいけたらと考えております。 
 
「くろがねの 秋の風鈴 鳴りにけり」(飯田蛇笏 作)
 (『いつしか夏が過ぎ去り、 季節外れの鉄の夏風鈴が 今は秋の涼やかな風に揺られている』)

  季節は、夏の余韻を昼間の暑さなどから感じながらも、確実に秋へと移り変わっています。「読書の秋」「芸術の秋」「スポーツの秋」「収穫の秋」です。皆様もこのすがすがしい季節に「秋のチャレンジ」をしてみてはどうでしょうか。私は「スポーツの秋」にチャレンジしてみます。
 昨年の5月から始めた『低山登山』。7・8月は暑さとヤマビルを避けて活動休止としていましたが、9月19日より再開。
 9月19日は「鉢伏山:標高1221m」(養父市)、25日「尼子山:標高260m」(赤穂市)に登ってきました。「鉢伏山」は涼しい風に当たりながら後半は稜線歩きで、とても気持ちよかったです。「尼子山」は往復2㎞余りの短いコースでしたが、暑さと急登に苦戦した登山になりました。でも、どちらの山も頂上からの景色は最高です。
 これで昨年から34座登りました。これからも「スポーツの秋」!低山登山を続けていきます。


16:47
12345
PAGE TOP