Home > 校長挨拶> 校長室通信 

 校長室通信

.
12345
2020/08/03

「プラス思考」で考えよう

| by 校長

「プラス思考」で考えよう

 

 令和初のお正月を迎えたのは、7ヶ月前。今年はこんな年にしよう、こんなことに取り組んでみようと考えられていた方もあったでしょう。通常であれば、もうすでに夏休みに入り、東京オリンピックが盛大に行われているはずでした。しかし、新型コロナウイルス感染拡大により、学校は3~5月が臨時休業となり、街では自粛要請もあり、スケジュールや内容の変更を余儀なくされました。熱中症に留意しながら、夏場においても感染拡大防止に努めています。1学期は8月7日(金)までとなり、東京オリンピック・パラリンピックは来年の開催となってしまいました。

 オリンピック・パラリンピック出場内定選手は、今年の夏に向けて自分の持てる力をピークに持っていき、最高のパフォーマンスで臨む予定だったはずです。先延ばしとなってしまいましたが、「もう一年練習する機会をもらったと捉え、さらに力を付けられるよう頑張ります」という言葉を発した選手がいます。

これからの時代は、順調に物事を進めることができないケースが出てきます。それは、予測不可能で正解のない、経験したことがないことに多く出合うことが多くなるからです。言わば、途中で方向修正・内容修正を余儀なくされることが多く、敷かれたレールの上を進むことの方が少ない時代となりそうです。今回の状況は、誰も経験したことがない中での出来事です。いずれ終息したときに、どのように考え、どのように取り組んだか、さらに良い方法はなかったかを、実体験として語れるようにしておかなければなりません。

こんな時だからこそ、先述のオリンピック・パラリンピックの選手のように、投げやりにならず、現状況を冷静に受け入れるとともに、ピンチをチャンスに変える良い機会をもらったと、「プラス思考」で考えていくべきではないでしょうか。

例年とは異なった夏休みとなりますが、暑さは同じです。体調管理には十分気をつけながらお過ごし下さい。

 

                          令和2年8月3日

                          校 長 藤井司郎


14:46
12345
PAGE TOP