Home > 校長挨拶> 校長室通信 

 校長室通信

. >> 記事詳細

2019/10/01

気がつけば、もう降りる駅

| by 校長

気がつけば、もう降りる駅

 

 上記は、今から10年ほど前に読書週間(10月27日~11月9日)で使われた標語です。電車あるいはバスの中で本に夢中になり、ふと顔を上げればもう降りる駅に着いてしまったという光景を思い描くことができます。私も電車あるいはバスに乗るときは必ず本を持ち、読んでいます。周りを眺めると、本を読んでいる人はほとんど見られませんが、スマホを操作している人はたくさんいらっしゃいます。中にはゲームに夢中になっている人も見かけます。電車やバスの中の風景が昔とは様変わりしてしまいました。

 伊水小学校では読書ボランティアさんにご協力いただいたり、身近に本を置いて本に親しむ環境づくりを整えたりして取組を進めています。平成29年の公益財団法人全国学校図書館協議会及び毎日新聞社が実施した調査を見ましたが、看過できるものではありませんでした。なぜなら、小学生の不読率(1ヶ月に1冊も本を読まない児童・生徒の割合)が5.6%、中学生が15%、高校生が50.4%と、学校段階が進むにつれて、子どもが読書をしなくなる傾向があると報告されているからです。

読書をすると、たくさんの言葉を覚えることができます。集中力も身につきます。そして、頭の中の世界がどんどん広がって想像力が身につきます。そうすると、相手の気持ちを考えたり、思いやりの心が育ったりして、今以上に優しい人になれそうです。是非、いろいろな本に出会い、心の栄養を補給してほしいと思います。そのためには、テレビやゲームの時間を減らして、家庭での読書をお薦めします。不読率の増加に歯止めをかけるためには、小さい頃から読書好きな子どもに育てることが大切なのではないでしょうか。

気がつけば、もう降りる駅。そんな子が増えることを願って・・・。

 

                         令和元年10月1日

                         校 長  藤井司郎


09:30
PAGE TOP