Home > 校長挨拶> 校長室通信 

 校長室通信

. >> 記事詳細

2020/11/02

米は「田の実」

| by 校長

米は「田の実」

 

毎年9月から11月にかけて、各地で秋祭りが行われます。祭りの本来の意味は何でしょうか? 次の中からお選びください。

 

(1)神様にお願いごとをする行為

(2)1回、民衆が日常の労苦を忘れて楽しむ催し

(3)神様を祀り、感謝の意を捧げる行為

(4)日頃飲めないお酒をたらふく飲む日

 

正解は(3)です。特に秋祭りは、「米や作物が無事に収穫できたことに感謝する」意味をもちます。宮中で10月16日に神嘗祭が行われ、11月23日に新嘗祭が行われることからも明らかです。

ある宮司さんから、このようなお話を聞いたことがあります。

「米は『田の実』という意味を持ちます。『頼み』という言葉は、この『田の実』から来たものです。だから、その年に収穫した新米(田の実)を真っ先に神前にお供えするのは、五穀豊穣や家内安全を神様に頼むからなのです。」

 

 このような「頼み」を聞いてくださり、自然の恵みを得て、また、老人クラブの方々のご指導・ご協力により、伊水小学校では10月1日(木)に、全校生で稲刈りを行うことができました。たわわに実ったもち米は、まさに「田の実」でした。暑い中、お世話をしていただいた方々にも厚くお礼申し上げます。

 例年であれば、この米を使って12月に各自治会の公民館で三世代交流餅つき大会を実施するところですが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、本年度は中止とさせていただきます。ご了承ください。

 

 ちなみに、春祭りには「豊作を祈願する」、夏祭りには「疫病退散、台風除け」、冬祭りには「厳しい寒さに耐えて、魂を充実させる」という意味があることを追記します。

 

                          令和2年11月2日

                          校 長  藤井司郎


08:59
PAGE TOP