校長室通信

.
12345
2022/04/07

ゴキゲンな学校

| by 校長
◆「みんなが『ごきげん』な学校」

 ~令和4年度 1学期始業式 式辞より~

   校長先生は、今年、皆さんに頑張って欲しいと思っていることがあります。それは、「みんなが『ごきげん』な学校」にすることです。
  『ごきげん』とは「とても気分がいい」ということで、校長先生は、戸原小学校の一人一人が『ごきげん』に過ごしてほしいと願っています。そして、自分だけが『ごきげん』になるだけでなく、周りの友だちも『ごきげん』になるにはどうすればよいか、しっかり考えて行動して欲しいと思います。
  では、皆が『ごきげん』になるために、今からお話する三つのことを特に頑張って欲しいと願っています。
  ①挨拶をしよう
  「おはようございます」、「こんにちは」、「さようなら」、「ありがとうございます」などの挨拶は、相手や周りの人を良い気持ちにしたり元気にしたりします。挨拶は、自分と周りの人の心と心をつなぐ大事な言葉です。戸原小学校の中や学校の行き帰り、皆さんのお家で、元気のいい挨拶ができるよう頑張りましょう。
  ②読書をしっかりしましょう
  読書をすると、言葉をたくさん身につけることができます。そして、話すときや書くときに、豊かな言葉で表すことができるようになります。また、読書をしていると、いろいろ考えることができますから、考える力がついて賢い子になります。面白い本が見つかったら、友だちに紹介してあげてください。
  ③いじめ0(ゼロ)
  友だちの言葉や態度で辛い思いや悲しい思いになる子をなくしましょう。皆さんの周りの子は、戸原小学校で一緒に生活する仲間です。「自分さえ良かったらいい。」とか「自分の思い通りになったらいい。」という考えでなく、
皆が楽しい思いで過ごせるように、周りの子の気持ちを大切にしましょう。もし、辛い思いや悲しい思いをしている子がいれば、すぐに先生に相談し、皆で助け合いましょう。
  今日から新しい一年生が入学します。一年生から六年生まで全員が力を合わせて「挨拶・読書・いじめ0(ゼロ)」を頑張り、「明日も戸原小学校に行きたいな。」と思えるような学校にしましょう。


                      宍粟市立戸原小学校長  大西 宏之

20:39
12345
 フォルダ
名前
サイズ
作成日
 
PAGE TOP