262873
Since 2016.5.16
 
オンラインユーザー1人
サイト内検索画面へ移動します サイト内検索



宍粟市立 都多小学校 (モバイル)
都多小学校

携帯サイト
フィーチャー・フォン
スマート・フォン対応

緊急情報などを
掲載しています


Adobe Reader
PDFファイルを
閲覧するためには
AcrobatReaderが
必要です。


   
 

Yhoo








    
 
トップページ > 校長挨拶 

 校長挨拶


  令和2年度の始動となりました。。
 今年は、桜の開花がいつもより早かったものの、入学式には校庭の桜が満開で子どもたちを迎えてくれました。好天にも恵まれた入学式には、4名の子どもたちを新しく迎えて、総勢30名の子どもたちと14名の教職員で新たにスタートしました。
 昨年度末から、新型コロナウィルスの世界的な流行で、3月に入ってからは臨時休校が続き、行事の多くは中止をせざるを得ない状況となってしまいました。卒業式では、在校生が参加できない中ではありましたが、来賓の皆さんや保護者・教職員が見送る中、4名の卒業生が都多小学校を巣立っていきました。入学式も卒業式と同じように簡素化された式次第ではありましたが、新入生を迎えて明るい雰囲気で行うことができたことを感謝しています。
 しかし、入学式当日の4月7日夜には、国が兵庫県を含む7都府県に緊急事態宣言を発出し、週1回の登校日はあるものの、5月6日まで臨時休校となりました。新型コロナウィルスの一日も早い収束を願って止みません。5月以降の学校行事も例年通りに行えないことも多くあるかとは思いますが、本年度もどうぞよろしくお願いします。
 さて、今日4月8日は、1年生の子どもたちが初めて集団登校する日でした。本校では登下校に際して各自治会の登校班の子どもたちとともに地域の皆様が一緒に登校してくださいます。今日も朝早くからお世話になりました。また、年度当初にもあたり、PTAの方も指導していただきました。本当にたくさんの方々に見守られながら都多の子どもたちは育てられていることに感謝しています。
 子どもたちも、新1年生の歩き方を考えながら長い道のりをしっかり一列で安全に気をつけて歩いてきていました。普段からしっかりと高学年を中心に登下校が頑張れている証拠であると思います。新6年生となった4名の子どもたちも、引き続きこのよい伝統を続けていってくれるものと思います。そして、全員の子どもたちが、地域の方々の温かい見守りの中、事故なく安全に登下校できることを願っています。
 令和2年は干支で言うと初めに当たる子年となります。また、干支は12年を1サイクルとした循環の中の初めでもあります。学校の生活も4月を初めとして1年を1サイクルとした循環の中にあります。新型コロナウィルスの流行という大変な状況となり、5月6日までの臨時休校となりましたが、よき始まりとしての子年、そして5月が迎えられることを願っております。
 本年度、2年目となりますが、今年度も、地域や保護者の皆様方と心を寄せ合いながら、子どもたちのために、1年間、学校の職員は「チーム都多」の気持ちで、一丸となってがんばる所存ですので、都多小学校の教育活動に、引き続き、どうぞご協力ご支援のほどよろしくお願いします。

             

                                   宍粟市立都多小学校 校長  
                                                 山本 美浩   


 
PAGE TOP