246686
Since 2016.5.16
 
オンラインユーザー4人
サイト内検索画面へ移動します サイト内検索



宍粟市立 都多小学校 (モバイル)
都多小学校

携帯サイト
フィーチャー・フォン
スマート・フォン対応

緊急情報などを
掲載しています


Adobe Reader
PDFファイルを
閲覧するためには
AcrobatReaderが
必要です。


   
 

Yhoo








    
 


 

 緊急情報

☆緊急情報は特にありません。
 
 新型コロナウィルスの感染拡大防止
 のため、校内でのマスク着用・朝の
 体温測定など、引き続きご協力お願
 いします。
 

予定

9月21日(月) 祝)敬老の日
9月22日(火) 祝)秋分の日
9月23日(水) 振替休業日 
9月25日(金) 都多放課後チャレンジ塾
9月30日(水) 眼科検診(1・4年)
10月2日(金) 都多放課後チャレンジ塾
         親子読書(低学年)
  
 
都多小学校 オンライン学習

(現在は利用できません)
 

 トピックス


2020/08/09

長崎原爆忌

| by 制作担当
  1945年(昭和20年)8月9日午前11時2分、長崎に原子爆弾が投下されました。広島に続き、2度目の原子爆弾による被害が長崎でも起こりたくさんの方が犠牲となりました。
 当時、長崎医科大学に勤めていた永井隆博士は、自らも被爆し、負傷しながらも救護活動に当たられました。奥様を亡くされ自らも原爆により体調を崩しながら、クリスチャンだった永井博士の支援者の方によって作られた庵『如己堂』でたくさんの本を執筆されました。「長崎の鐘」「この子を残して」等があります。「この子を残して」には、長く生きられないことを悟っている永井隆博士の2人の子どもたちへの思いが綴られています。その「この子を残して」に書かれている娘の茅乃さんもまた、後年「娘よ、ここが長崎です―永井隆の遺児、茅乃の平和への祈り」という本を書かれています。永井隆博士の2人の子どもたちも今は亡くなられていますが、その思いは世代を超えて語り継がれているのだと思います。茅乃さんの本は、子ども向けに書かれた本でもありますので、高学年の子どもたちの夏休みの読書としてもいいのではないでしょうか。

11:02
PAGE TOP