74642
Since 2015.10.7

~2015.10.7
41,581
 
オンラインユーザー1人
サイト内検索画面へ移動します サイト内検索


山崎小学校QRコード
山崎小学校

携帯サイト
フィーチャー・フォン
スマート・フォン対応

緊急情報などを
掲載しています


Adobe Reader
PDFファイルを
閲覧するためには
AcrobatReaderが
必要です。

【画像表示が
 乱れる場合】
IE10 ・ IE9 は、
互換表示を
ご確認ください。

 
宍粟市小中学校リンク
  宍粟市内 小中学校サイト

ヤフー






    
 
トップページ > 校長挨拶 

 校長挨拶

式 辞


 うららかな春の日差しを浴び、桜のつぼみも咲くタイミングを今か今かと待ちわびているようです。
 希望と喜びに溢れる今日の良き日に、宍粟市教育委員会 教育委員 「片山茂樹 様」をはじめ、多数のご来賓の皆様のご臨席を賜りますとともに、保護者の皆様のご列席を頂き、ここに宍粟市立山崎小学校、平成三十学年度 第百四十三回卒業証書授与式をかくも盛大に行うことができましたことは、卒業生はもとより、私たち教職員にとりましても、大きな喜びでございます。高いところからではございますが、ご臨席の皆様に心よりお礼申し上げます。

 本日、六年間の小学校課程を修了し、この歴史と伝統ある山崎小学校を巣立ちゆく七十五名の卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
 今、私から皆さん一人一人にお渡しした卒業証書は、小学校のすべての学習を修了したという証です。
 これまでの自分自身の頑張りに胸を張り、自信を持って中学校へと羽ばたいて下さい。


  六年前、皆さんはおうちの方に手を引かれて、小学校の校門をくぐりました。
 雨の日も、風の日も、また暑さや寒さにも負けず、学校に通い、
勉強や運動に励み、身も心も大きく成長しました。今日は、多くの思い出と共に、この山崎小学校をお別れする日となりました。
  今、ここに六年間を振り返ったとき、万感の思いがこみ上げてくるのではないでしょうか。
 
 この一年間を振り返っただけでも、多くの思い出が脳裏に浮かびます。
 中でも、歯を食いしばって練習の成果を見事出し切った運動会の組み立て体操。みなさんの集中力と連帯感の賜でしたね。
 全国的に、怪我が多く、組み立て体操を止める学校が増えているようですが、ぜひ、来年度も、あの感動をここにいる在校生と先生方と、そして見に来られた観客のみなさんと共に、ぜひ共有したいと思わずにはいられません。
 君たちの雄姿を胸に、安全に十分留意し、来年度も本校は組み立て体操を継続していきたいと考えています。
  また、学習発表会でみんなに披露してくれた和太鼓の鼓動は、今も先生や下級生の体にしみこんでいます。
 さらに、代表選手のみの出場ではありましたが、市の駅伝大会では大変優秀な成績を収め、市内に「ささの子魂」の素晴らしさを広く伝えることとなりました。


 苦しいことから逃げずに、チャレンジする精神。
 山崎小学校の良き伝統として、皆さんが気運を高めてくれたことが、何よりうれしかったのです。

 しかし、この六年間は皆さんにとって楽しかったことばかりでなく、悲しかったことつらかったこともあったでしょう。
 そんなときの、友の優しさ、家族のありがたさに感謝し、この卒業証書の持つ意味を考えてみることも、一つの区切り、節目として大切なことだと思います。
 人は、決して一人では生きていくことができないのですから。

  さて、皆さんは、夢を持っていますか。
 夢は、将来の職業のこととは限りません。どのような人間になりたいか。また、山崎で生きる人間として、いや、兵庫県で生きる人間として、もっと思いを広げ、日本、そして地球で生きる人間として、どのように生きていくか。また、どのように社会に貢献していくかを考え、自らの心に秘めることも立派な夢だと思っています。
  夢を持つことは、生きていく上で、自らの目標・指針となります。
 自らの生きていく指針を持てるよう、ぜひ皆さんには、夢を持って生きていってもらいたいと思っています。

 そこで、卒業に際し、皆さんに最後のお話をします。
 それは、「夢の実現」というお話です。

 

 ある小学六年生の作文を紹介します。
  「僕の夢は、一流のプロ野球選手になることです。そのためには、中学、高校でも全国大会に出て、活躍しなければなりません。活躍
するようになるには、練習が必要です。僕は、その練習に自信があります。僕は、三歳の時から練習を始めています。三歳~七歳までは、年に半年ぐらいやっていましたが、三年生の時から今までは、三六五日中、三六0日は、激しい練習をやっています。だから、一週間中、友だちと遊べる時間は、五~六時間の間です。こんなに練習をやっているのだから必ずプロ野球の選手になれると思います。
 そして、僕がプロで一流選手になって試合に出れるようになったら、お世話になった人に招待券を配って、応援してもらうのも夢の一つです。
 とにかく、一番大きな夢は、プロ野球の選手になることです。」

              愛知県西春日井郡豊山小学校六年  鈴木 一朗

 実は、皆さんもよく知っているでしょう。昨日、突然引退を表明した大リーガー、イチロー選手の作文です。
 世に天才と呼ばれるイチロー選手ですが、その陰にはやはり本人の並大抵ではない努力があったことがうかがえますね。
 また、この作文から「夢を実現する上で大切なことは何か」を三つ読み取ることができます。

 

  まず、第一に「夢の実現のための方法を定める」ということです。
  彼は、その方法を激しい練習を自分に課すことと決め、そこにはいささかの迷いもありません。

  第二に、「夢の実現に苦労を惜しまない」ということです。
  練習の休みは、一年でたったの五日間。
 その言葉には、もっと友だちと遊びたいとかの少しの未練も感じられません。

  そして、最後に「お世話になった人に対して、感謝の気持ちを持つ」ということです。
 招待券を配って球場に招待するということは、感謝の気持ちを超え、「お世話になった方々への恩に報いる」ということだと思います。
  夢の実現に向け、その方法を考え、苦労を惜しむことなく、感謝の意気持ちを持って、たくましく生きてほしいと願っています。
  夢を持ち、その夢を実現すべく燃えることができるのは、すべての生物の中でも、人間だけです。
 天から授かった皆さんの素晴らしい能力をしっかり発揮できる人生を送ってください。

  結びに、海より深く、空より広い愛情を注ぎ、かくも健やかなお

 

子様に育てられましたご家族の皆様に敬意と共に、本日の卒業に対
しましてお慶び申し上げます。
  また、在学中、学校として色々とご迷惑やご心配をおかけすることが多々あったと思いますが、広い心でご支援・ご協力いただきましたことに、心からお礼申し上げます。
  これからも、親子の「心の絆」をしっかりと結び、お子さまが素晴らしい中学校生活を送られますことを、山崎小学校職員一同、心よりお祈りいたしております。

  結びになりましたが、本日お忙しい中ご臨席を賜りましたご来賓の皆様に感謝申し上げます。
 本日、七十五名の子どもたちは小学校を巣立っていきますが、これからの山崎地区、そして宍粟市を支えていく若者たちです。今後もどうか温かく見まもっていただければ幸いです。

  卒業生の皆さん。今、手にしている卒業証書は、六年間の努力の証ですが、これからの未来を保障してくれるものではありません。
 人生という新しいノートを埋めていくのは、皆さん一人一人です。
 夢と希望という風に乗り、お互いを高め合いながら、成長していってください。
  皆さんのこれからの活躍を期待して、校長式辞といたします。

 

        平成三十一年  三月二十二日
                        宍粟市立山崎小学校
                                       校長 久保 欽哉

 
PAGE TOP