> 校長挨拶> 校長室通信 

校長室通信

. >> 記事詳細

2018/11/02

【校長室通信】晶を求めてひたすら前進

| by 校長




                           晶を求めてひたすら前進

 2学期も後半に入りました。
 まず、東中の様子をお知らせします。10月に西播新人大会が各地で行われましたが、私は、延べ4日間、各競技の応援に行きました。どの競技においても生徒のがんばりを見ることができよかったと思っています。結果、剣道部男子は団体戦優勝、男子卓球部は団体2位の好成績を収め、さらに男子卓球部は個人戦で2人、女子卓球部は個人戦で1人が県大会出場を決めました。県大会の日程ですが、剣道は11月18日、卓球は12月26日・27日の予定となっています。
  『勝ちに不思議の勝ちあれど、負けに不思議の負けは無し』という言葉がありますが、職員には大会後に、「夏から3ヶ月が終わりました。しかし、春までは5ヶ月以上あります。今までを振り返った上で、実態に応じて練習を工夫し力量アップを図ってください」というお願いをしています。
  次に、文化祭のことを書きます。今年も山崎文化会館をお借りし、11月11日(日)に行います。毎日、音楽室から教室から歌声がきこえてきます。どの学級にも頑張ってほしいと思っています。ご案内のとおり、当日は9時10分開場、9時30分開演となっています。多くの皆さんのご来場をお待ちしています。 
 最後に、各学年の様子をお知らせします。3年生は進路選択・決定に向け一人一人が自分を見つめ直し、担任や親に相談しながら進んでいます。2年生は部活動で中心になり、充実した毎日を送っています。1年生は学校にすっかり慣れ、部活にも慣れ元気に過ごしています。
 本校創学の理念『晶(ひかり)を求めてひたすら前進』を、職員も生徒も意識しながら深まりゆく秋に向けて進んでいるところです。今後も東中へのご支援をお願いします。

11:19

校長室通信 アーカイブス

PAGE TOP