校長室通信 >> 記事詳細

2020/09/28

秋本番を迎えて

| by 校長
秋本番を迎えて



 厳しかった夏も終わり、はやいものでいよいよ秋も本番へと向かう9月の下旬になりました。コロナ渦で例年と違う実施になった体育祭も最高の天気の中、無事終了することができました。また、月末には部活動の新チームによる大会(市新人戦)も終わり、いよいよ10月をむかえます。
 先月にも書きましたが、本年度はコロナ渦で例年と全く違う経験のない学校行事や中体連大会など、各行事が終わるまで息の抜けない状況での運営が続いています。しかし、各行事を行うたびに感じるのですが、一つ一つの行事に取り組む生徒たちの顔は、例年以上に引き締まり、前向きに取り組んでくれているように感じます。このような状況下でも、できることに全力を尽くそうとする生徒たちに逆に力をもらっているように感じます。
 生徒たちは、いろいろな制限のある中での行事になっていますが、本年度の行事はどれも自分たちの中学校生活の中で一度きりの行事になるわけです。私たち教師もそのことを忘れず、できる範囲の中で最高の思い出ができるよう、しっかりとサポートや指導をしていくことが本当に大切なことであると、改めて日々感じています。
 先の見えない状況の中で、何ができるのかしっかりと考え、生徒たちが最高のパフォーマンスを発揮できる舞台を整えていけるよう引き続き、職員一同頑張っていきたいと思います。コロナ渦が終息したとき、大変だったけど逆に大きな思い出ができたと言えるような取組ができたらと考えています。
 地域の皆様、保護者の皆様、今後もご理解とご協力をよろしくお願いします。

令和2年9月28日
学校長 小林 琢哉



09:34
PAGE TOP