校長室通信 >> 記事詳細

2020/12/25

アフターコロナの時代を願って

| by 校長

アフターコロナの時代を願って

                                     
 年の瀬も押し詰まり、コロナ渦で明け暮れた令和2年もいよいよ終わろうとしています。年が明ければ、一年延期になったオリンピックイヤーの令和3年(2021年)が始まります。

 山崎南中学校も8月17日に始まった長い2学期の終業式を終え、冬休みに入ります。
 今年は、コロナ渦でほぼすべての儀式や行事、生徒の活動が例年通りにできない年でした。その中でも生徒たちは、悔しさや不満を表に出すことなく、できることに全力を尽くし、頑張りました。まだまだ、コロナの収束は見えませんが、一日も早くこれまでと同じような日常生活が取り戻せる「アフターコロナの時代」が来ることを切に希望しています。

 保護者の皆様には、学校活動をできるだけできる様にと不安の多い中ですがいろいろとご協力をいただいたことを深く感謝申し上げます。来る2021年も、コロナ感染予防を第一に考え、教師・生徒と力を合わせ、乗り切っていきたいと考えていますので、ご理解・ご協力をよろしくお願いします。


 本年もいろいろと学校に関することにご理解・ご協力・ご支援をいただいた保護者・地域の皆様、関係の皆様にお礼申し上げるとともに、来る年もより一層のご協力をお願いして、2020年(令和2年)最後の校長室通信を終わらせていただきます。良いお年をお迎えください。


 

                                                         

令和2年12月25日
学校長 小林 琢哉

 

 



07:50
PAGE TOP