校長室通信

.    >> 記事詳細

2020/12/24

令和2年2学期終業式

| by 校長


令和2年2学期終業式の言葉 (全校放送での式辞より)  
 皆さんおはようございます。
 本当に長かった2学期も今日で終わり、2020年も残りわずかとなりました。

 今学期は、新型コロナ感染状況を見ながら、お盆明けからの長い2学期でした。予定していたいろいろな学校行事等を取り止めたり変更しながら、限られたなか皆さんが楽しめるよう工夫し、沢山のことを力を合わせよく乗り越えてきました。皆さんの努力に感謝します。

 宍粟市においても11月中頃からの第3波の感染拡大で、この感染症の脅威を身近に感じ、毎日の不自由さ、行動規制にやり場のない怒りや不満、理不尽ささえ感じたことだと思います。また、同時に不安も一層強く感じたと思います。

 コロナ禍では、
 「人と人がつながり合う必要性が再認識され」
 「しんどいとき、つらい時には、支え合い、助け合う」
 まさしく、真の人間力が問われるときだと、私は感じました。

 日々大人へと成長している全校生の皆さん、夢に向かって挑戦する西中生として、このような状況が続く中でも、将来を見据え、今大事なこと、今しかできない事を理解し実行してください。これからも周りのなかま、家族、先生、そして自分を信じ、力を合わせ、ともに生き、ともに学び、共に成長していきましょう。 
 明日からいつもとは少し違うけど、楽しみな年末年始が始まります。
 2021年には、きっと明るい未来があると信じ、不安に負けないよう、充実した冬休みを過ごしてください。

 そのためには、体と心のスタミナをつけることが大切です。
  1 (栄養)バランスの良い食事を摂ること
  2 十分な睡眠を摂ること
  3 適度な運動をする(体を動かす)こと
     4 いつも安全対策を忘れないことを心がけてください。
    そして、自己目標に向かう家庭学習の実践と家族の一員としての役割を果たしてください。
    来年1月8日、元気な皆さん全員と出会える日を楽しみにしています。
 それでは、皆さん良い年を迎えてください。  

                                                               令和2年12月24日        
                                                               宍粟市立山崎西中学校長 早柏 元彦


10:06
 フォルダ
名前
 
PAGE TOP